小物

見方を変えると見えてくるものも変わる。ブルックス・ブラザーズのハンカチ。

小物

ょっとした一人旅からの帰り道。

新幹線の車窓から外を眺めると、

家々には明かりが灯り、

見慣れない道路に車の列、

ローカル線の列車をホームで待つ人々。

景色や風景の一つ一つを切り取ってみると、

そこには色々な物語やドラマがあるでしょう。


ハンカチ1枚に描かれた絵を眺めるだけでも、

色々な想像が膨らむものです。

ブルックス・ブラザーズのハンカチ

この ブルックス・ブラザーズのハンカチは、

同社が かつてのクリスマスカタログ(時期不明)の表紙に使っていたイラストがプリントされたデザイン。

アーカイブから掘り出して、ハンカチに落とし込んだ というわけです。

クリスマスの気分を高めてくれる ほっこりデザインです。

Brooksbrothers / 100179919

ほっこり、ほっこり。

なのでしょうか…??

よく見ると、

また異なった物語も見えてきます。

怪しき少年

ハンカチのデザインを眺めていると、

まず目に飛び込んでくるのは 左下の少年でしょう。

家族に頼まれたのか、

クリスマスツリーとして使用する もみの木のお買い物…

なのか??

この少年、怪しいぞ。

なんだか足早にお店から離れていくようにも見えます。

もしや…

これは…

万引きではなかろうか。

しめしめと にやけ顔で現場を足早に立ち去る少年。
帽子も深めに着用。

はい、万引き 確定です。

みんな悪い人たち

この少年の怪しげな行動のせいで、

他の人々も悪い人たちに見えてきます。


店から出てくるこの初老の男性も。

この男性…

完全にヤッてます!

ゲットだぜ!!!

そして 彼の左横には青いアウターに身を包んだ親子がいます。

「こらこら、せがれよ。そんなところに登っちゃいかんよ。」

とかなんとか言って、注意しているフリをするお父さん。

その間に息子はせっせと店のかざりをはずし、

それをそのまま しれっと持ち帰る魂胆こんたんなのでしょう。

たくみな親子プレイ。

彼らは、犯行後 もしくは 犯行中ですが、

まさに今から 万引きを実行しにいく親子もいます。

堂々と犯行に挑む彼らの姿をとらえたのが、こちら。

(店舗のセキュリティを強化すべきです。)

「さあ坊や。できるだけ高そうなものを頂きましょう。」

ただし、乗ってきた馬車の馬だけは気まずそうにしています。

気まずそうに知らんぷりする馬。
あたいは何も知らんからな。

まとめ

変なことを書いていたら、もうお別れの時間がきたようです。

見方をほんの少し変えるだけで、見えてくるものも変わりますね。

当然のことのように感じますが、実は人生のヒントになることもありそうです。

おもしろい。


ハンカチそのもののクオリティは可もなく不可もなく。

つまり、特に文句は無いです。

ねじれた感情でこのハンカチを眺めていたので、中央にいる男性がテロリストに見えてきました。
左手に爆発物。確かな決意がありそうです。

おしまい。

スペック

  • ブランド:Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)
  • 商品名 :アーカイブ クリスマスカタログプリント・コットンハンカチ
  • 型番  :100179919
  • カラー :マルチカラー
  • サイズ :48cm×48cm
  • 素材  :コットン100%
  • 原産国 :日本
  • 価格  :1,800JPY(plus tax)

コメント

タイトルとURLをコピーしました